忍者ブログ

WIZのゲーマー冒険雑記

Since. 2007/02/28 EQ2用ACT日本語化pluginとか、へたれTRBのEQ2奮闘記とか、ごはんの写真とか。あ、「WIZ」は職業じゃなくて某ダンジョンRPGから頂いたHNです。

ミエナイナミダ

この数日、ブログほったらかしにしてたので
心配してくれた優しい人がいたら有難うございます。

自分と周囲でちょっと色々ありまして
死にそうになりながらも死ぬわけにもいかなくて
なかなか大変な日々をすごしておりました。

今日、ひと段落したので、ちょっと記事にしてみたいと思います。 自分に起きたこと。

職場の冷房が17度とかいうアリエナイ数字をマーク。
冷風直撃な席の私は当然その冷風を食らった訳で
当然体調を崩してダウンしてしまいました。
38度の発熱。リンパ腺腫れまくりで喉真っ赤。
一日仕事を休んで、さすがにこれ以上休めないと思ってムチ打って出社。


周囲に起きたこと。

出社しようとしたところに母から連絡が来て。
早朝、母方の祖父が亡くなったということでした。
享年93歳。大往生です。

通夜と葬式がしめやかに執り行われました。

・・・まだ体調戻ってない訳ですが・・・。

38度の発熱。リンパ腺腫れまくりで喉真っ赤。
でも大好きな祖父の通夜。そして葬式。
ここで寝込んでる訳には行きません!

残暑厳しい折ということで、会場は冷房ガンガン。
冬物の喪服を着てもまだ肌寒い始末。
(多分これは自分の体調が悪かったせいだけど)
喉が痛くてもマスクをするわけにもいかず
必死で通夜と葬式を耐えて参りました。

悲しくて寂しかったけど、でも涙をこぼすことはしなかった。

通夜や葬式では泣かないと決めた。
泣くのは他の人に任せて、私は笑顔で見送ろうと決めた。
死者を心配させたくないと思った。
・・・あれは、父方の祖父が亡くなった時だったか。

今日は苦しくて(体調のせいorz)笑顔も浮かべられなかったけど
涙で視界を曇らせたくなかったから
最後まできちんと見ていたかったから、やっぱり泣かなかった。

あるいは、私は冷たい人間なのかもしれない。

葬式を終えて帰宅して、身体が辛かったのですぐ布団にもぐりこんだ。
今も辛いけど、こうして文章を書いている。
今日という日を記憶するために。

祖父の「寝顔」は安らかだった。
先に逝った祖母と一緒に、私たちを見守ってくれると信じて
あの安らかな「寝顔」を信じて。

どうか、安らかに。
合掌。

拍手[0回]